水俣病集団訴訟、熊本地裁が和解勧告(読売新聞)

 水俣病と認定されていない被害者らでつくる水俣病不知火患者会(熊本県水俣市、原告2018人)が、国、熊本県、原因企業チッソ(東京)に損害賠償を求めた集団訴訟の口頭弁論が22日午前、熊本地裁で開かれ、高橋亮介裁判長は、和解を勧告した。

 原告、被告とも勧告を受け入れ、同日午後、和解協議に入る。

 水俣病を巡る訴訟で、国が和解のテーブルにつくのは初めて。和解協議では、チッソが被害者に支払う一時金や、国が負担する毎月の療養手当の額、対象者の診断方法、症状の範囲などが争点となる。

卒業後24年でも公務災害=元教え子による刺殺事件−甲府地裁(時事通信)
<大寒>全国30地点で観測史上最高に 静岡で20度記録(毎日新聞)
小沢氏、土地購入原資4億円 「銀行破綻続き現金化」(産経新聞)
「酒に酔って魔差した」巡査長がアイス5個万引(産経新聞)
石原知事、派遣村「かなり勝手な人がいる」(産経新聞)
[PR]
by yzurrm7k9r | 2010-01-25 05:13