豊川一家殺傷 長男を現住建造物等放火容疑で再逮捕へ(毎日新聞)

 愛知県豊川市の一家5人殺傷事件で、県警豊川署は岩瀬一美さん(58)への殺人容疑などで送検した長男の高之容疑者(30)が5人を刺した後に自宅に放火したとして、7日に現住建造物等放火容疑で再逮捕する方針を固めた。また、引きこもり状態にあった高之容疑者が一美さんの給料を管理していたのは、一美さんの側から高之容疑者に管理を任せ、自立を図る目的だったことが捜査関係者の話で新たに判明した。

【豊川・家族5人殺傷】「何でおれのインターネットを解約した」容疑の長男、以前からトラブル

 高之容疑者は4月17日午前2時ごろ、自宅2階の自室の布団にライターで火をつけ、2階部分を半焼させた疑いが持たれている。同署によると、逮捕直後の調べに「家も燃えてしまえと思った」と供述していた。

 捜査関係者によると、高之容疑者は7日、殺人容疑などでの拘置期限を迎えるが、名古屋地検は処分保留にする模様。地検は今後、高之容疑者の精神状態を調べるための鑑定留置を申請するかどうか検討するとみられる。

 同署のこれまでの調べで、高之容疑者はインターネットを解約されたことに腹を立て、一美さんとめいの金丸友美ちゃん(1)を包丁で刺して殺害し、母(58)ら3人を刺して重軽傷を負わせたとされる。このうち、一美さんへの殺人容疑と3人への殺人未遂容疑での拘置期限を7日に迎える。【沢田勇、山口知】

【関連ニュース】
【豊川・家族5人殺傷】「ネット競売、借金300万円」 父、警察に相談
【豊川・家族5人殺傷】「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その1)
【豊川・家族5人殺傷】「何で解約したんだ」/外との接点絶たれ(その2止)
【豊川・家族5人殺傷】なぜ孫娘まで… 近隣住民ら絶句

吹上御苑で自然観察会=皇居(時事通信)
40歳の息子を殺害、父逮捕=ネクタイで首絞める−香川県警(時事通信)
失業抑止へ支給額最多=09年度、バブル後ピークの10倍−雇用助成金(時事通信)
可視化は重大事件限定も 千葉法相(産経新聞)
うれしいのは時間より“気持ち” 母の日のプレゼント(産経新聞)
[PR]
by yzurrm7k9r | 2010-05-07 10:18