年金改革、来週にも検討会=「根源的な議論必要」−菅副総理(時事通信)

 菅直人副総理兼財務相は26日の閣議後会見で、年金制度の抜本改革に向けた検討会を来週にも設置する考えを明らかにした。菅副総理は「民主党は以前から抜本改革案を提示してきたので、それを精査する。少子高齢化という厳しい状況を踏まえた根源的な議論が必要だ」と述べ、マニフェスト(政権公約)で掲げた年金制度の一元化や、月額7万円の最低保障年金創設などを検討する方針を示した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
小沢氏を怒らせた「農業土木一家」

明日のレース分析
鳥取2人殺害の裁判員裁判、検察が無期求刑(読売新聞)
チリの地震、太平洋で津波の可能性…気象庁(読売新聞)
<警察庁>国際犯罪に対策室設置 中・韓と連携強化(毎日新聞)
男子フィギュア、最高視聴率27.2%=日本テレビ−バンクーバー五輪(時事通信)
[PR]
by yzurrm7k9r | 2010-03-03 04:48